加恵、女の子でしょ!

加恵、女の子でしょ!

1996年
47分20秒
上映

シモーヌ・ド・ポーボワールの「第2の性」から着想し、芸術家カップルに起こる問題を描く。加恵が自分の制作のための時間とエネルギーを家事や雑用に使い、夫の制作が優先されていく背景には、子供時代にうけたしつけなどが心理学的な要因となっている。女なら誰でも思い当たる“女の子でしょ”の一言、一度はそれに負けてしまうのだが、自己の制作意欲を見つめなおし打ち勝っていく、プロジェクターを使った新しい映像技術が冴える作品