たわむれときまぐれと

たわむれときまぐれと

1984年
15分50秒
上映

子どもたちが独立した後の母親である出光自身の気持ちを淡々と述べた作品。窓から差し込んでいる初冬の日差しや庭の植物、家の壁、影を静かに映しだしながら語られる出光のモノローグ。