風雲舎から新刊出版

出光真子のはじめての小説『ホワイトエレファント』が出版されました。
彼女の映像世界が、言葉によって湧きあがってきます。
すぐれた映画を観るような描写で、一気に読んでしまった、悲しく怖かった、共感したという、つぶやきが聞かれます。
家族の問題が主なテーマですが、生きづらさを少しでも感じている方に、 特に、お薦めします。
1960年、 70年代のアメリカに興味を持っている方にも。

アマゾンストアで購入できます。